■フィジカルチューニング施術例

フィジカルチューニングってどんなセッション?

施術例をご紹介します。

疲れや重さがとれて、 すっきりしました!

杉並区・Tさん

 

<症状>

「疲れが溜まっていて

 身体のあちこちが

 凝ったり張ったりしています」

 

・立ちくらみのような

 フワフワ感がある。

・施術中、してはいけない時に

 咳がでることがある。

・背中と肝臓のあたりが

 痛くなる時がある。

・左側のふくらはぎが

 よくつる。 

 

初回は怪我や手術歴などを

きいていきます。

 

初回のセッションでは

怪我の履歴や手術歴などを

詳しく聞いていきます。

 

なぜかというと、

過去の怪我、手術、打撲などが、

 

現在の不調に

関係していることが

あるからです。

 

 

大きな怪我ではなくても

 

たとえば

 

学生の頃の体育での

たった1回の

つきゆびが原因で、

 

原因のわからない

不調に悩む、

ということもあるのです。

 

聞いてみると、

 

Tさんは

背面や頭、足の打撲経験あり。

 

 

 

全身をチェックしてみると、

 

・足首、足全体が固い

・背中のハリ

・膝のゆがみ

・骨盤のずれ

・下あごのずれ

・後頭部のゆがみ

・首の緊張

・腕のハリ、コリ

 

がでてきました。

 

 

まずは足から。

やわらかくしなやかな

足に戻していく。

 

 

早速、

足の調整から始めます。

 

足が冷たく、

かちかちに固まっている状態。

 

足の固さを

チェックしていると、

 

「こんなに固くなってたんですね~。

気がつかなかったです~」

 

と、Tさん。

 

 

足って一番遠くにあるから

触っているようで

ちゃんと触れてないことが

多いのです。

 

やわらかーい足に

戻していきましょう。

 

 

かかとが内側に入っていたので、

対応する手指ポイントを

軽く押して修正。

 

足の指をチェックしていると、

 

「あ、左足の小指の感覚がないです」

 

了解です。

こちらも

ポイントをすっとなでつつ、

小指を愉気で修正。

 

 

膝下のすねの骨2本のうち、

外側の骨(腓骨)が

両足ともやや下がっていました。

 

関連して膝と膝下にも

ややゆがみがあります。

 

 

対応するポイントを

軽くさすったり押したりして、

修正します。

 

「ふしぎですねえ~!

全然違うところなでてるのに

治っちゃうんですねえ!

おもしろーい!」

 

ほんと、不思議なんですよ。

 

わたしも

毎回不思議だなー、

と思いながら

セッションしてます笑。

 

 

 

骨盤のゆがみを整えて

「つらない足」に戻す。

 

 

骨盤をチェック。

ここもずれていたので、修正。

 

左足のつりは、

骨盤や足のずれが原因で

ふくらはぎに負荷がかかって

しまったんでしょうね。

 

  

 

頭部の調整をすると

全身がゆるみはじめます。

 

次に、

後頭部を何度か打ってる、

ということなので、

頭のチェックへ。

 

後頭部がずれていたので

ポイントを押して修正。

 

下あごも左にずれていたので

修正しました。

 

このあたりから

ともさんは

からだがゆるんだのか

すーっと夢の中へ。

 

 

腕のねじれを整えて

首の緊張を整える。

 

首の緊張、コリ

腕からきていることが

多いです。

 

腕をチェックすると

ねじれがあったので、

ほどいていきました。

 

腕をゆるめると

首の緊張がゆるみ、

やわらかくなりました。

 

 

今回はこの辺で終了です。

 

しばらく

そのまま休んでいただきました。

 

 

「疲れや重さがとれて、

すっきりしました!

足もしっかりついてる感じです

体全体が軽くなってます~」

 

 

感想を頂きました。

 

ソフトなのに変化してる感じ。

エナジーワークみたいな感じ。

 

すごく軽いタッチなのに、

調整されてる感じ。

 

全体がほわんと心地よく

ゆるんでる。

 

おもしろかったです。

 

Tさん、

ありがとうございました!

 

 

その後、

足のつりもおさまり、

背中のハリや

フワフワ感もなくなり、

ラクになったと報告がありました。