魔法のような整体との出会い。

 

フィジカルチューニングで

おこなう調律整体は、

 

主に

「同響法(どうきょうほう)

「繋解法(けいかいほう)という

2つの手技を使って行ないます。

 

なでるだけ、

ポイントをおさえるだけ、の

魔法のような整体です。

 

 

少し長くなりますが、

 

この整体との出会いと、

この整体でわたしの身体に

起こった変化をお話します。

小さい頃から打撲が多かったわたし。

年を重ねると不定愁訴に。

 

目が悪くぼーっとしてたからでしょうか、

 

どうもわたしは人よりも明らかに

打撲経験が多いこどもだったようです。

これは左右の視力がかなり違っていたため、

距離感が空間認識がやや劣っていたためかもしれません。

 

小さい頃は

階段から何度も転げ落ちたり

(幸い軽い打撲のみ)、

 

台の上からジャンプしたら

鴨居に背中を強くうちつけ、

息が出来なくなったり

(死ぬかと思った)、

 

おでこや頭をしこたま打ったり

(テーブルの下に潜り込むのが好きだった)、

 

尻餅を何度もついたり

(尾骨がずれ、奥にひっこむ)、

 

顔面を強打したり

 

 

こんなでしたが、

 

引っ込み思案で

おとなしいこどもだと

言われてました笑。

 

ちなみに骨は丈夫だったらしく

骨折は一度もありません。

 

 

中学時代はバスケを

やっていました。

 

ぼーっとしてたのに

なぜバスケ部に入ったのか

いまだに謎です。

(多分その頃好きだったマンガの影響)

 

それほど

運動神経が良いわけでもないので、

怪我が増えました。

 

特に腰から下の故障がとても多く、

試合中に転んで

腰をひどく打ち付けたり、

足首を何度もねんざしたりで、

 

走ると足首や

膝がかくっと抜けたようになり、

痛くて走れない、

ということもしょっちゅう。

 

突き指もしょっちゅう。

 

 

整体を受け、

勉強するようになって

知ったのですが、

 

打撲というのは

なかなかくせ者で、

 

打ち付けたショックが

ちゃんと抜けないと、

身体のバランスに

影響を及ぼすのです。

 

わたしはとにかく

打撲が多い。

 

打撲の履歴を

ボディワーカーさんに話すと

ちょっと引かれるほど笑。

 

 

そのせいか、

10代後半あたりから

 

いわゆる普通の人が

普通にできるような

生活ができない状態に

なりました。

 

たとえば、

 

・疲れやすく、疲れが抜けにくい。

・いつも微熱がち。

・寝ても寝ても眠い。起きれない。

・肩と首のコリもひどく、

・身体は冷えきっていて、

・生理周期が長く、

・便秘と下痢を繰り返す。

(あ、でも赤ちゃんの頃から便秘だったらしいので、これは元からかも)

 

でもどこも悪くないらしい。

 

ぱっと見、

元気そうに見えるので

怠けてるように思われたり、

それもツラいところでした。

 

やはり

打撲の影響はかなり

大きかったのではないかと

思います。

 

 

からだが動かなくなる20代。

症状が深くなった30代。

 

20代半ばになり、

わたしはイラストレーターとして

仕事を始めました。

 

ただでさえひどかった

首と肩のこりはさらにひどくなり、

 

朝起きると首が回らなくなってる、

なんてことも年に数回。

 

 

無駄にストレッチや

コリにきくものに詳しくなります。笑

 

座り仕事なのでむくみもひどく、

また、ストレスから

右の卵巣が機能不全を起こし

治療もしました。

 

生理周期はあいかわらず長く、

普段はそれほどツラくないのですが、

年に数回、寝込むほど重くなりました。

 

 

…今書いてて、

よくわたし大丈夫だったな、

と思います笑。

(全然大丈夫じゃなかったけど)

 

この頃からさすがに

マッサージや整体などの

ボディワークを受けるように

なりました。

 

既往歴を話すと

「うわー満身創痍ですね」

と言われ、

 

身体を見てもらうと

「うわーこれは…時間かかりそう」

と言われるのはお約束。

 

わたしはといえば

色んなところに

数回行っては、

 

なんとなく合わない感じがして

行かなくなる、ということを

繰り返していました。

(ボディワークジプシーあるある)

 

30代になると、

さらに腰の痛み、

首、肩のこり、

肩から腕にかけてのしびれ、

膝の痛みにかかとの痛みが

でるようになりました。

 

熱を出して

寝込むことも増えました。

 

身体を楽にするために

ストレッチや太極拳なども

やってみましたが、

 

身体が固くて動かないうえに、

すぐに疲れて寝込むので

なかなか続きません。

 

 

また、

これは10代の頃からあったのですが、

 

緊張を強いられたり

ストレス下に置かれると、

過緊張を起こし、

 

ガチガチと歯の根が合わず

全身に震えがきて

止まらなくなることがありました。

 

いくつかのボディワークで

ずいぶん解消したものの、

 

数年に一度くらい、

何かきっかけがあると出ていました。

 

 

 

からだが悲鳴をあげて強制終了をした日。

 

そんなからだの状態が続いた先に、

強制終了、とも言える状態が

やってきました。

 

 

36歳の時、

夏バテと食欲不振、

睡眠不足からくる不摂生から、

自律神経がおかしくなりました。

 

電車の中での軽度のパニック、

 

その後、自宅で

動悸が止まらず救急搬送。

(しかし異常なし)

 

おかしいなと思いながら、

自分でなんとかしようと

鍼やマッサージ、

整体などにも行ったのですが、

状態はさらに悪化。

 

 

ごはんを食べると動悸がする

(食べられない)、

 

寝ても2時間で起きる

(+頻尿)、

 

寝汗がひどい。

 

のどの違和感、

きゅっと締まった感じで

咳がとまらない。

 

1ヶ月で5キロ体重が落ち、

ふらふらになってしまいました。

 

 

当時の自分はわけがわからず、

 

気管支が弱いわたしの咳を心配した

家族が、検査をしろというので

近くの内科クリニックに

駆け込みました。

 

診断は

自律神経失調、

不安症と動悸、

および軽度のパニック。

 

 

PCとテレビなど刺激物は禁止、

 

外に出るときは、

必ず夫に付き添ってもらうこと。

 

電車やバスに乗るのはしばらくはダメ。

(不安と緊張でパニックが起こるため)

 

安定剤と漢方薬を使いながらの

自宅療養になりました。

 

一時は

このまま一生薬を飲み続けないと

いけないのだろうか、

と絶望的な気持ちになりましたが、

 

ふとしたきっかけから

自分を調える実践始めたところ、

色んな流れが変わり始め、

約半年で劇的回復。

 

身体が回復してからは、

 

 

引き続き身体を緩めるための

ボディワークを

いくつか受けたのですが、

 

やはり、

一番ほどきたいポイントに

届かないことが多く、

 

身体のケアは

自分でなんとかする日々が

続きました。

 

不思議な整体と出会う。

 

さて、やっと本題です!

 

ボディワークを

めったに受けなくなってからの

わたしは、

 

からだは細いものの

(減った体重が戻るのに1年ほどかかりました)

 

顔の輪郭はすっきりせず、

あごは疲れるとゆがみやすく、

目の緊張でおでこは少しでっぱり、

 

頭は固く、

腰まわりはむくみ、

反り腰気味。

 

お尻は固く痛く、

脇腹は緊張し、

 

首、肩、背中のコリは

なにをやっても「鉄板」と言われ、

 

パソコン作業で

腕のコリと目の疲れは最高潮。

 

むくみとセルライトで

足のラインもむくむく。

 

と、ひどいありさまでした。

 

 

ある日、

朝から腰(お尻まわり)と

膝の痛みで起きてしまったわたしは、

 

自分でほぐせるストレッチはないかと

色んなサイトをチェックしたところ、

 

「完全無痛整体」というHPが

目に入りました。

 

施術例をいくつか読んだ時、

「これはおもしろい!

ここなら治るかもしれない」

直感的に感じ、

 

すぐさま予約。

(こういう時のわたしの直感はすごい)

 

それが

師匠・渋谷先生との

出会いです。

 

 

渋谷先生が施術する

完全無痛整体の第一印象は

 

「ほとんど何もしないのに治る」笑。

 

ちょちょっと触っては、

 

「しばらくじっとしててくださいねー」

と言われ、

 

ぼーっとする、の繰り返し。

 

 

しかし驚くことに

身体のあらゆる部分が、

むにむにと、ぐぐぐぐ、と、

きゅうううっと、

動き出すのです。

 

それは生まれて初めての

体験でした。

 

 

あ、わたしの身体は

もちろん先生からも

「これはなかなか手強いですねえ、

しばらくかかりそうですよ」

お墨付きをいただきました。笑

 

 

最初の施術を受けて1週間後。

わたしは

ひどい夏風邪を引きました。

 

夏の暑いさなか、

高熱が下がらず、

1週間ほど寝込み、

 

ようやく熱が下がり、

症状も治って数日経った時、

 

わたしの身体が

ものすごく軽くなってることに

気がついたのです。

 

 

夏風邪を経た

この身体の軽さは、

 

わたしには

整体を受けた結果だとしか

思えませんでした。

 

身体を治せる整体に

やっと出会えたかもしれない!

 

わたしは

本気で自分の身体を

この整体で整えようと

決めました。

 

わたしは

隔週で整体に通い、

 

身体がどんどん

変わっていくのが面白く、

疲れにくくなっていくのが

とても楽しく、嬉しかったのです。

 

もともとひどいので、

変化が著しかったのもあります。

 

 

身体が軽くなってきた

3ヶ月後には、

 

何もしていないのに

「あれ?やせた?」と

言われるくらい、

身体が変わっていました。

 

 

修得したかったボディワークは

これだった!

 

整体に通うようになってから、

わたしは身体へのアプローチについて、

本格的に考えるようになりました。

 

その矢先、

先生から整体スクール開校の話が。

 

わたしは瞬間で即決、

整体スクールに入学しました。

 

そしてひたすら実践を重ね、

1年かけて

「同響法」

「繋解法」ほか、

さまざまな手技を修得。

 

また、

スクールの間も

せっせとからだを整え、

 

不定愁訴や腰、膝、肩こりなどで

苦しんでいた時をすっかり忘れるほど、

 

身体が軽く、しなやかに、

そして、すっきりして疲れにくい、

粘りの利く身体に整っていきました。

 

■じっくり通った2年間の整体でわたしに起こった変化

<初期の変化>

 

・2回目の施術で、小さい頃からの便秘症が改善。

 お通じがとてもよくなった。

 

・便秘解消とほぼ同時期に生理周期が

 36日前後から28日前後に安定。

 

・身体のコリとハリがゆるみ、

 不安発作が解消。

 

・左肩から腕にかけてのしびれ解消。

 

・歩き方が変わり、

 靴のかかとの極端な減りがなくなる。

 

・おでこのでっぱりが平らになった。

 

・頭の固さがゆるんだ。

 

・肩こりと首こりが改善。

 

 

<1年以降の変化>

 

・過度の緊張がなくなり、

 全身が震える症状から完全解放。

 

・身体に残っていた古傷(右腰)

 の痛みが解消。

 腰の痛みからの解放。

 

・お尻の固さがほぐれふわふわになり、

 ヒップアップ。

 

・顔の輪郭がどんどんシャープに。

 しわも出にくくなった。

  

・疲れるとずれていた両あごがずれにくくなった。

 

・がんばると数日寝込んでいたのが、

 寝込まなくなった。

 疲れにくい身体に。

 

・歌う時の声の伸びが良くなり、

 高音域がラクに出せ、声もしっかりしてきた。

 

今でもわたしは月に一度の

メンテナンスを続けています。

身体をいつも快適で自由にしていくには

月1回の整体メンテナンスは欠かせません。

 

 

わたしに起こった変化は

あなたにも起こる変化です。

 

あなたも自分のからだを

根っこから変えてみませんか?