ぎっくり背中(1)

<今回のお客様>

調布市・YMさま

 

<症状>

・体の歪み/ねじれ

・全身のコリ/ハリ

・背中の痛み(ぎっくり背中)

・緊張が取れない

 

 

突然の痛みで動けない!

 

季節の変わり目の

気温差の激しい時季や

寒さがこたえる冬は、

 

身体に忍び込んだ冷えや

寒さによる身体の緊張がもとで

「ぎっくり」になってしまう方が

 

多いです。

 

YMさんが緊急セッションの予約を

入れてきたのはとても冷える夜のこと。

「ぎっくり腰みたいで、

 痛くて動けないし眠れません」

ということで、

緊急セッションをすることに

なりました。

 

夜も遅く、とりいそぎ

緊急ユニバースチューニング

痛みを軽減、翌朝に来ていただくことに

しました。

 

YMさんがフィジカルチューニングを

受けるようになったのは初夏の頃。

 

身体中ガチガチで、
歪みとねじれがとても強く、
隔週で受けて頂くようになって

8ヶ月目となります。

 

身体の歪みと

ねじれが少しずつゆるみ始め、

ここにきて身体の反応が

ぐっと良くなってきた矢先の

ぎっくり。

 

ぎっくり腰って言ってたけど、

ちゃんとアトリエまで来れるのかな?

と思いつつ、翌日。

 

 

ん?ぎっくり腰ではない??

アトリエにあらわれたYMさん。

 

あれ?結構普通に動けています。

 

ぎっくり腰になったら

歩くのもおぼつかないほど

痛いんだけど。

 

…もしかして腰は痛くない?

と、痛いところを聞いたところ、

 

YMさんが痛みを感じるのは

腰ではなく、

肩甲骨の下あたり。

 

そこ、腰じゃなくて、

背中です。笑

 

ああ、ぎっくり腰じゃなくて

ぎっくり背中ですね。

 

というと、

えっ!ぎっくりって

腰だけじゃないんですか!?

とYMさん。

 

そうなんですよー。

腰だけじゃなく、

背中や首もなったりするんですよ。

 

 

というわけで、

早速セッションに入りました。

 

 

痛みが強いときは、

全身調整でやさしく整える。

 

背中の状態をチェックすると

かなり左右差があり、

ねじれも大きくなっています。

 

骨盤の歪みもあったので、

足〜骨盤をさっと整えてから

背中の痛みの根っこを探す

全身調整に進みました。

 

ぎっくり背中、ぎっくり腰など、

痛みが強い症状の場合、

 

フィジカルチューニングでは

全身調整をメインに、

 

ほとんど身体を動かさず、

痛みの強い部分にも

ほとんど触れずに

 

全身のバランスを

「ぎっくり前の状態」まで

戻していきます。

 

 

YMさんの背中の痛みは

なかなかひどいもので、

炎症状態でもあったため、

その日のセッションだけでは

痛みは取りきれませんでしたが、

 

施術前の状態を10とすると

施術後は5くらいまで(YMさん談)

ほどくことができ、

 

「ずいぶん痛みがとれました!」

と言っていただけました。

 

その後、

隔週でフォローセッションをしていき、

4回目でようやく背中の痛みは

なくなりました。

 

フォローセッション3回目

ビフォーアフターはこちら。

 

 

動けないときは、

出張セッション承ります。

 

ぎっくりなど、

突然の痛みは

処置が早ければ早いほど

治りも早くなります。

 

フィジカルチューニングは

まったく痛くない

身体に負担のかからない

やさしい整体です。

 

横になっているうちに

どんどん痛みがゆるんでいく

不思議な感覚を

体感してみてくださいね。

 

 

とてもアトリエまで行けない、

という場合は、

出張セッションもいたしますので

お気軽にご相談くださいませ。

(セッション料のほか、

往復交通費がかかります)